カナガンのキャットフードは、食べすぎて肥満にならないような低カロリーに作られているのが特徴です。そのため、成長盛りの子猫や、運動量が多い猫ちゃんの場合には、たくさん食べたほうが良いですし、少食の子や運動量が少ない子なら、たくさん食べなくてもその日に必要な栄養補給がシッカリできるような配慮がされています。

 

カナガンはイギリス産のチキンがメインの原料となっていますが、その他にも猫ちゃんに必要な野菜やハーブなどがたっぷり配合されていて、栄養は満点です。100グラム当たりのカロリーは390キロカロリー程度とそれほど多くはありませんが、添加物などは一切入っておらず、高たんぱく質で低炭水化物になっているので、アレルギーや肥満になりにくいキャットフードとしても人気があります。

 

カナガンに使われている原料をいくつかご紹介しましょう。メインの原料となっているチキンは、新鮮な生肉の身を使っていて、タンパク質やビタミン、リン、セレンなどがたっぷりと含まれています。満腹感があって時間をかけて体内に吸収されるという特徴を持つサツマイモも使われていますが、サツマイモは栄養が満点な上に消化が良いので、体が小さな猫ちゃんにとっては理想的な食材ですし、食物繊維がたっぷり入っているので便秘になる心配がありません。その他には、ミネラル成分が豊富な海藻、血液の質をよくすることができるマリーゴールドやクランベリー、カモミールなども含まれているので、毎日の食事で体内の健康管理をしっかりと行うことができます。

 

しかも、カナガンに使われている原料は、全て人間が食べても影響がない安全で高品質なものばかりが使われているという特徴があります。安価なキャットフードの中には、人間が食べると健康被害の原因になるものがあったりして、その品質に関しては疑問なものもあるのですが、カナガンキャットフードの場合には、そうした心配は一切ありません。これまで手作りでキャットフードを準備していた家庭でも、カナガンがあれば安心して高品質のお食事を毎日大切な猫ちゃんに提供することができるでしょう。

 

カナガンキャットフードのさらなる詳細はこちら



カナガンキャットフード 100gのカロリー

カナガンキャットフードは、猫ちゃんに必要な栄養成分がギュッと詰まっているだけでなく、猫ちゃんの健康や体重管理なども見据えながら、カロリー面でも多すぎず少なすぎずで作られているのが特徴です。ドライフードの場合だと、100グラム当たりのカロリーは390キロカロリーとなっていて、猫ちゃんの体重に合わせて食事量を調整しても、大体その子が1日に必要なカロリーを食事だけでも補えるような配慮がされています。

 

しかし猫ちゃんの場合、その子によって体重や体型は異なりますよね。標準体重よりもおおきな太り気味の子もいれば、標準体重よりも小さめの子もいるでしょう。もしも太り気味の子でダイエットしたほうが良いかなという場合には、食事の量を10%まで減らして与えるという方法も可能ですし、痩せすぎでもう少し太ったほうが健康的かなという場合には、食事量を10%増やすという方法もアリです。ただし、食事を微調整しても良いのは、プラスマイナス10%までなので、人間のように無理なダイエットをさせたり、食べさせ過ぎるのはNGです。猫ちゃんは体が小さいので、太っているからと言って食事の量を大幅に減らしてしまうと、栄養失調になってしまうかもしれません。そのため、もしも体重にトラブルがある子は、食事の量をプラスマイナス10%の範囲で調節しながら、適正体重になるまで根気よく時間をかけて取り組みましょう。

 

また、猫ちゃんの体重管理のために、ドライフードとウェットフードをブレンドするという食べ方もできます。ドライフードだと意外と消化に時間がかかるので、胃に負担がかかりやすい子や体調がイマイチの子にとっては、食事をするのが苦痛になってしまう事があります。そんな時には、食事に水分が含まれているウェットフードを利用することで、猫ちゃんの内臓にかかる負担を軽減してあげましょう。それに、ウェットフードはドライフードよりも香りが良いので、ドライは食べたくないけれどウェットは大好きという子もたくさんいるようですよ。

 

カナガンキャットフード公式サイトはこちら