シンプリーのキャットフードは、すべてのライフステージに対応しているのが特徴です。キャットフードはたくさんのメーカーからいろいろな商品がラインナップされていますが、その中には生まれたばかりの猫ちゃんには対応していないものや、猫ちゃんの年齢に応じて種類を変えなければいけないタイプのキャットフードもあります。

 

種類が変わると味はどうしても少し変わってしまうので、味に敏感な猫ちゃんや好き嫌いが激しい猫ちゃんにとっては、食べてくれなかったりする原因にもなりかねません。しかしシンプリーなら、生後2カ月未満の子猫でも安心して食べることができるキャットフードですし、老描になるまですべてのライフステージに対応しているので、キャットフードを途中で変える必要がないのです。味が変わらないので毎日おいしく食べてくれるということは、愛猫家にとっては大きな安心感ではないでしょうか。

 

ちなみに、猫ちゃんは毎日同じものを食べて「飽きた」という感覚は持ち合わせていません。そのため、子猫からシニアまで毎日同じ食事でも、猫ちゃんにとっては大満足することができますし、毎日同じものばかりだから他の食事をしてみたいな、なんて思うことはないので安心です。

 

子猫にシンプリーを与える場合には、月齢によって食事の量は調節しなければいけません。シンプリーのパッケージに大体の目安量が記載されているので、それに従えば問題ありませんが、2か月未満の猫ちゃんなら、1日当たり20グラム〜30グラム程度となりますし、4か月未満なら55グラムまで、生後6カ月なら1日75グラム程度、そして12か月までは75グラム程度を目安に与えると良いでしょう。

 

また、子猫の場合、歯が生えるまでは硬いフードは上手に噛めなかったりするので、ドライフードにお湯をかけてフードを柔らかくしてあげるなど工夫しながら与えるのもおすすめです。ふやかしてあげても味は変わらず美味しいですし、食べやすくなることによって子猫に負担をかけずに食事を与えることができます。

 

シンプリーキャットフードの公式サイトはこちら



シンプリー キャットフード 子猫与えるメリット

シンプリーのキャットフードは、子猫からシニア猫まですべてのライフステージに対応しています。キャットフードブランドの中には、成猫のみが適用となっているものがありますが、そうすると子猫の時に食べていたフードを、大人になってから変えなければいけません。猫の中にはフードが変わると警戒して食べてくれない子が多いので、フードをコロコロ変えることは、必ずしも良いこととは言えないのです。

 

シンプリーなら、子猫の時から食べさせることができますし、シニア猫になってもフードを変える必要がありません。だから、子猫を自宅に引き取って来てからみとるまで、ずっとシンプリーで栄養管理ができるのです。フード選びで悩む必要がないという点は、大きなメリットと言えるのではないでしょうか。しかもシンプリーなら、ヒューマングレードで高品質な原料のみが使われていますし、人間にとっても食欲をそそるような美味しさなので、キャットフードでジプシーになる必要がありませんね。高品質のキャットフードを子猫からシニア猫までずっと続けられるというのが、シンプリーの大きな魅力と言えるでしょう。

 

子猫にシンプリーを与える際には、その子の月齢に合わせて食事の量を調整することになります。生後2カ月未満の場合には、1日当たりの給餌量は20グラムから30グラム程度となりますが、まだ歯が生えていない子だと硬いフードはよく噛めないので、お湯をかけて少し柔らかくしてから与えるという方法が良いでしょう。歯が生え始めたら、フードを硬くしてあげることによって、噛む楽しみを覚えさせることができます。

 

生後2か月〜4か月ごろは1日当たり30グラム〜55グラム程度、生後6か月までは55グラム〜75グラム程度、12カ月までは75グラム以上という給餌飲目安となりますが、体の大きさに合わせて調整することが猫の健康管理では必要ですね。美味しく食べてくれるからと言って与えすぎてしまうと、肥満や病気の原因になるので注意しましょう。

 

シンプリーキャットフード公式サイトはこちら