ナチュラルドッグフードの量は、ワンちゃんの年齢や体重などによって異なります。このドッグフードブランドは、ワンちゃんの全てのライフステージに対応出来るのが特徴ですが、生まれたばかりの子犬には必ずしも理想的というわけではないため、与える際には生後6か月ぐらいから始めるのが良いでしょう。食事の回数ですが、基本的にワンちゃんは1日何回の食事回数がなければいけないというルールはないので、人間の生活に合わせて食事の回数も調整してOKです。一般的には1日に1回〜2回の食事をするワンちゃんが多いのですが、1回で食べきれないような場合には、1回あたりの量が多すぎるということなので、回数を増やして1回あたりの量を減らしてみるのもおすすめです。また、一度にたくさんの量を与えて食べきれない場合、ワンちゃんがダラダラと時間をかけて食事をする習慣が身についてしまいます。これはNGなので、もしもワンちゃんが食べきれない場合には、食べ残しがあっても容器を片付けてしまったほうがメリハリのある食事習慣が身につきます。

 

ナチュラルドッグフードは消化吸収がとても良いドッグフードなので、1日1回の食事しかしないワンちゃんでも、食べすぎて胃がもたれたりする心配はありません。もちろん、体重に適した量以上を食べてしまうと胃がもたれたり嘔吐したり、また肥満になったりするリスクはありますので、量はきちんと測って与えるようにしましょう。さらに、ナチュラルドッグフードには便秘を解消できる食物繊維なども配合されていますが、便秘になりやすいワンちゃんの場合には、ドッグフードにお湯を少しかけてふやかしてあげるとか、水をたくさん飲ませるようにするなどの方法で対応できます。

 

1日当たりの食事目安量ですが、体重が2キロ以下の小さなワンちゃんなら1日当たり60グラムまで、10キロ以下のワンちゃんなら160グラムまで、15キロ以下のワンちゃんなら200グラムまで、20キロ以下なら250グラムまで、のように体重に合わせて適切な量を与えましょう。最初は量が分かりにくいので、しっかり測って大体の量を掴むと良いですし、ウンチの状態やワンちゃんの体重の変化などもチェックしながら調整してください。

 

アランズ ナチュラルドッグフードの公式サイトはこちら



ナチュラルドッグフード 量の目安について

ワンちゃんのフード給餌量は、基本的にはその子の体重に合わせて与えることが必要です。与えすぎてしまうと太ってしまいますし、少なすぎるとわんちゃんの健康を維持するために必要な栄養成分が取れずに栄養失調の状態となってしまいます。同じ犬種でもその子によって体の大きさは異なりますから、給餌量の目安はパッケージに記載されている目安を参考にしながら決めることが必要です。

 

ただし、目安はあくまでも目安なので、その子のライフスタイルなどに合わせて微調整するようにしましょう。例えば、運動をよくする子なら食事の量も多めの方が良いですよね。また、ほとんど運動をしない子や食欲が少ない子なら、食事の量は少なめにしてあげたほうが太りにくくなるでしょう。こうしたライフスタイルに合わせて食事目安量を調整する際には、目安量の10%以内の範囲で調整してあげてください。それ以上の調整になってしまうと、肥満になりやすくなったり、栄養失調のリスクがあるので危険です。ワンちゃんは毎日の食生活で健康管理をしていますし、ペットフードはワンちゃんに必要な栄養成分を配合しているので、体重に合わせて目安量をきちんと食べさせることが大切なのです。

 

もしも食欲がなくて目安量をきちんと食べてくれない場合には、どうしたら良いのでしょうか?その際には、ナチュラルドッグフードからラインナップされているチキントリーツなどを少しだけフードの上にトッピングしたりして、ワンちゃんの食欲をそそる工夫をしてあげるのが良いでしょう。また、お湯を少し混ぜてフードを柔らかくしてあげても食べやすくなりますし、人間が食べている野菜とか鶏肉を少しだけトッピングすることもまた、ワンちゃんの食欲をそそってくれそうですね。

 

また、ナチュラルドッグフードをワンちゃんに与える時には、その子の体重や体型の変化に注意しながら、食事の量が多すぎないか、もしくは少なすぎないかを観察することも必要です。

 

アランズ ナチュラルドッグフードのさらなる詳細はこちら