体が小さなトイプードルは、ワンちゃんによっては食事の量が少なくて満足に栄養摂取できていなかったり、少しでも食べすぎてしまうとすぐに肥満になってしまうなど、食事の量を管理するのがとても難しい犬種です。また、体が小さいので、ドッグフードに添加物などが入っていると、それが体内に蓄積されて健康被害のトラブルが起こりやすく、ドッグフードを購入する際には内容成分の細かいところまで注意しなければいけません。

 

そんなトイプードルを飼っている愛犬家にぜひおすすめなのが、イギリスで誕生した高品質のドッグフードブランド【カナガン】です。カナガンはイギリス国内で平飼いされた鶏の生肉がメインの原料となっていて、他にも毛に艶を与えてくれる鶏脂や、内臓から作ったグレービーなどが配合されていますし、海藻やサツマイモなどワンちゃんの健康や栄養バランスを考えて作られているのが特徴です。トイプードルぐらい体が小さなワンちゃんなら、少量でも十分にその日1日に必要な栄養摂取ができるので、ワンちゃんのオーナーにとっては大きな安心感につながるのではないでしょうか。

 

また、カナガンは添加物が一切使われていないという特徴があります。添加物は人間の体でもワンちゃんの体でも消化吸収されない成分のため、食事で添加物を摂取するとどんどん体内に蓄積されてしまいます。それが長期的には健康トラブルを引き起こす原因になってしまうわけです。

 

体が小さなトイプードルにとっては、添加物が蓄積するスピードが速くなり、健康トラブルを起こすまでにかかる期間も短くなってしまいます。しかしカナガンには添加物が入っていないので、体が小さいトイプードルにとっては安心して長く続けられるドッグフードブランドと言えるでしょう。ちなみにトイプードルに適したカナガンの給与量は、体重が3キロ未満なら1日当たり35グラムから80グラム程度、5キロ程度なら75グラムから120グラム程度が目安となります。その子の食べ方に合わせて量を調節してもOKですし、ドライタイプとウェットタイプとがラインナップされているので、どちらでも食べやすい方を選ぶと良いでしょう。

 

カナガンドッグフードの公式サイトはこちら



カナガンドッグフード トイプードルのコスパ

カナガンドッグフードのようなプレミアムドッグフードは、スーパーやホームセンター、ペットショップなどで市販されているドッグフードと比べると価格的に少し高めという印象があります。これは、ワンちゃんにとって必要な栄養成分のみを配合し、不要な成分を全て排除しているという点や、品質管理や衛生管理を厳重に行っているから、という理由などによるものなのです。しかし、大型犬と暮らしている家庭だと、毎日たくさんのドッグフードが必要になるので、コスト面で高めのカナガンドッグフードを毎日たっぷりあたえるということは難しいですよね。そう考えると、カナガンドッグフードはトイプードルのように小さな体のワンちゃんにとっては、続けやすいフードブランドなのかもしれません。

 

カナガンドッグフードは、1袋あたり2キロ入りとなっています。この量は、体が大きなワンちゃんだとあっという間に食べてしまう量なのですが、トイプードルぐらいの体の大きさの子なら、1ヶ月かかる量となっています。1袋あたりの価格が少し高めでも、1ヶ月間しっかり食べられるのならそれほど高すぎるという印象はないのではないでしょうか。続けやすさはドッグフード選びにおいてはとても重要なポイントですから、カナガンドッグフードはそうした点でトイプードルにオススメのブランドなのかもしれませんね。

 

また、カナガンドッグフードのドライタイプは、1粒の大きさが小さめに作られています。そのため、小型犬でも安心して噛める大きさで、フードを与える時に歯を痛めてしまうリスクがありません。粒が大きなドライフードだと、小型犬にとっては硬すぎて噛めなかったり、歯に大きな負担がかかりすぎてしまうリスクがあります。しかし粒が小さければ、そうしたリスクはないので安心です。

 

一日当たりトイプードルのような小型犬がどのぐらいの量を食べるのが適切なのかは、体重によって異なります。パッケージに一応の目安が記載されているので、それを参考にしながら、その子の体重や体型、運動量などによって微調整してあげることをおすすめします。

 

カナガンドッグフードのさらなる詳細はこちら