カナガンのドッグフードは、高品質なチキンが全体の33%含まれているのが特徴です。また、ワンちゃんがアレルギーを起こすリスクが高い炭水化物が最小限に軽減されているため、ワンちゃんにとって必要な成分だけを摂取することができ、必要ない成分は摂取しないというメリハリのある栄養補給ができます。しかし、他のドッグフードからカナガンに切り替える場合、栄養バランスが極度に変わってしまうことによってワンちゃんの中にはいくつかのトラブルが起こってしまうリスクがあるようです。

 

人間でも、あっさりした和食を中心とした食生活をしてきた人が、急に高脂肪・高カロリーな欧米的な食生活に切り替わったとしたら、体がその変化についていけずに皮脂分泌が過剰になったり、体臭がにおうようになったり、日常生活に影響を及ぼすレベルではなくても気になる症状が現れることがあります。ワンちゃんにも同じことが言えるわけです。例えば、これまであまりたんぱく質の配合量が多くないドッグフードを食べていたワンちゃんの場合には、カナガンに変えて主食が鶏肉のたんぱく質がメインになると、涙やけとか目ヤニが良く出るようになってしまったり、体臭が強くなってしまったり、また毛がつやつやになったと思ったら通り越してベタベタした感じになってしまうなどの症状が起こりやすいようです。

 

涙やけや目やになどの症状は、ワンちゃんにとっても不快ですから、できれば予防したいもの。そこでおすすめなのは、他のドッグフードからカナガンに切り替える時に、ある日突然食事を全てカナガンに変えてしまうのではなく、それまでの食事にカナガンを少しずつ混ぜながら、混ぜる配分量を少しずつ増やして体調が食事の変化に馴染みやすく工夫してあげる方法が良いでしょう。抗することによって、ワンちゃんにとっては食事の味が劇的に変わる不快感を防ぐことができますし、体が少しずつ順応できれば涙やけや目やになど気になる症状も出にくくなるはずです。

 

カナガンドッグフードの公式サイトはこちら



カナガンドッグフードの涙やけ改善効果

マルチーズやチワワ、シーズー、そしてトイプードルなどの犬種は、目の下の部分の毛が焼けたように変色してしまう「涙やけ」というトラブルを起こしやすいものです。これはバクテリアが繁殖することによって毛の色を変色させてしまうというトラブルで、放置してもなかなか自然治癒することは少ないのが特徴です。涙焼けを起こす原因にはいろいろなものがありますが、涙が通る涙管という部分が細かったり、逆さまつ毛などで目が炎症を起こしやすいなど、生まれた時から涙焼けをしやすい子とそうでない子が分かるケースもあると言われています。

 

このトラブルを改善するためには、動物病院で診察を受けて治療するのがベストなのですが、食べ物を改善することによってもトラブルを予防出来たり症状を改善できることはご存知ですか?涙焼けで動物病院を受診するワンちゃんの多くは、食べ物が原因で涙の成分がドロドロしているために、涙管が詰まりやすくなっているのだそうです。人間でいう所の、サラサラなはずの血液がドロドロしてしまう生活習慣病と似たようなものなのかもしれません。

 

カナガンドッグフードは、こうした犬種の涙焼けを改善できる効果が期待できます。このフードにはワンちゃんの健康管理にとって必要な栄養成分しか入っていませんし、血液や涙をドロドロにするような成分は一切入っていないという特徴があります。そのため、カナガンドッグフードを食べている子は、涙がドロドロになりにくい体内環境を作ることができますし、それが涙焼けの改善につながります。

 

カナガンドッグフードは、これから起こるかもしれない涙焼けの予防のために食べても良いですし、すでに涙焼けをしていて何とか症状を改善したいと希望している場合にもおすすめです。バクテリアが原因で起こる涙焼けなので、目の周囲を清潔に保ちながら原因を根本的な部分から排除してあげれば、涙焼けという症状は起こりにくくなるでしょう。カナガンドッグフードを続けることによって、いつも塗れていがちな目元が乾いてきます。それは、涙焼けの症状が改善されたというサインなので、そのまま続けてくださいね。

 

カナガンドッグフードのさらなる詳細はこちら