カナガンのキャットフードは、少量でもたっぷり栄養管理ができる配慮がされているのが特徴です。猫ちゃんの中には、いつもモリモリ食べてくれる子もいれば、少食だったり好き嫌いが激しかったりする子もいますし、肥満でダイエットをしなければいけない子もいたりします。そうした子にとっては、栄養補給のためとは言え大量のキャットフードを毎日与えるのは心配ですし、少食の子にとっては、たくさん食べなければ1日に必要な栄養成分が摂取できないのでは慢性的な栄養失調に陥ってしまう可能性もあります。

 

しかしカナガンのキャットフードなら、少量でも効率的に栄養補給をすることができるので、小食の猫ちゃんやダイエット中の猫ちゃんでも安心です。1日当たりの量は猫ちゃんの体重によって異なりますが、子猫の場合だと2か月以下の小さな子は1日当たり20〜30グラム程度、4か月未満は55グラムまで、6か月未満は75グラムまで、1歳を超えたら1日当たり75グラム以上を与えてもOKです。

 

成猫の場合には、2.5キロ以下の小さな猫ちゃんは1日当たり25グラム〜35グラム程度が目安となり、その後は体重が増えるにつれて少しずつ増やすことになります。4.5キロ以上の猫ちゃんは1日当たり60グラムなので、その量を超えないように気を付けながらその子にあった適量を見つけると良いでしょう。

 

カナガンキャットフードは、少量でもしっかり栄養補給ができるので、太っている猫ちゃんや痩せている猫ちゃんなら、量を少し調整しながら与えても問題ありません。例えば、肥満気味でダイエットしなければいけない猫ちゃんなら、1日の目安量よりも10%程度減らした量にして良いですし、痩せていてもう少し太ったほうが良いなという猫ちゃんなら、適量よりも10%程度増やしても問題ありません。大切なことは、1日にどのぐらいの食事をするかということではなく、その猫ちゃんの描種ごとに適切な体重を維持できているかということなので、猫ちゃんの健康や体重、体型を見ながらピッタリの適量を見つけてあげると良いでしょう。

 

カナガンキャットフードのさらなる詳細はこちら



カナガンキャットフード ドライとウェットタイプの量の目安

良質な原料のみで作られていて、添加物など猫ちゃんの体に有害な成分はすべて排除されているカナガンキャットフードは、どのぐらいの量をあたえたら良いのでしょうか?基本的には猫ちゃんの体の大きさ、つまり体重によって1日の目安量は異なります。例えば、体が小さくて体重が2.5キロ以下の猫ちゃんの場合、1日当たり25グラムから35グラムを与えるのが適量となりますが、最初のうちはどのぐらいが目安なのかが分かりにくいので計りなどを使ってしっかり計ってみることをおすすめします。もちろん、その子によって食欲などは異なりますし、体重が2.5キロ以下と言っても2キロと2.5キロとでは食事の目安量も変わります。そのため、目安はあくまでも目安として、その子に合わせて微調整することは必要ですね。

 

子猫の場合には、月齢に合わせて食事の目安量が異なります。2か月以下の子なら一日当たり20から30グラム、4か月までは30〜55グラム、6か月までは75グラム、12カ月までは75グラム以上でその子に合わせて調整するという形になるのですが、子猫でも描種によって体の大きさは異なるので、成猫の場合の目安量を考えながら調整するようにしましょう。

 

カナガンキャットフードでは、ウェットタイプのフードもあります。小さくて1缶使い切りのタイプとなっていて、1貝の食事で大体1缶まるごと使うぐらいの目安が良いでしょう。体が小さな猫ちゃんの場合には、1回で使い切る必要はなく、冷蔵庫に入れておけば5日間ぐらいは持ちます。

 

カナガンキャットフードの目安量は、ドライタイプでもウェットタイプでも、その子の体重や年齢、運動量や食欲など、たくさんの要素を考慮しながら目安量を決める必要があります。実際に食事を食べさせてみながら、太ってきたなと思ったら量を減らしてみたり、痩せてきたなと思ったら量を多くするなど、与えながら量を調整するという方法が良いでしょう。描種ごとに体重の目安量があるので参考にしたり、猫ちゃんの体調や体型によって微調整するのもおすすめですよ。

 

カナガンキャットフード公式サイトはこちら