カナガンのドッグフードは、すべてのライフステージに対応しているのが特徴です。そのため、生まれたばかりの子犬から老犬までどの年齢でもカナガンだけで栄養補給ができることは大きな安心感ですし、年齢が異なるワンちゃんを複数飼っている多頭飼いの愛犬家にとっても、あれもこれもと複数のドッグフードが必要なくどのワンちゃんにもカナガンで十分な栄養補給ができることは大きな魅力ではないでしょうか。

 

カナガンは、子犬でも食べやすい小粒タイプになっているので、歯が弱くてよく噛めない子でも安心ですし、老化によって歯がもろくなってしまった子にとっても大好きなご飯をあきらめずに済むという魅力があります。また、ワンちゃんの健康やライフスタイルを考えた栄養配合になっていて、ワンちゃんの便秘が起こらないようにと食物繊維もたっぷり入っています。そのため、子犬や老犬の便秘トラブルも起こりにくく、いつも理想的な健康状態を維持しやすくなっているのがカナガンの人気の理由となっています。

 

カナガンを子犬にあげる場合、生後2か月から与えることができます。生まれたばかりの時期にはカナガンではなく母乳を与えたほうが良いのですが、ペットショップなどで販売されているワンちゃんは生後1ヶ月という若さの子犬は少ないので、あまり心配する必要はないかもしれませんね。

 

ワンちゃんが子犬の時期は生後18か月ぐらいまでと言われていますが、ドッグフードの与え方や量はワンちゃんの体重および月齢によって異なります。例えば、大型犬の場合には生後18か月ぐらいまでは成長盛りの子犬ということで食事の量は成犬になってからよりも多く与える必要があります。しかし、体重が5キロ未満のトイ犬種の場合には、生後12か月ぐらいから成犬と同じ食事の量にすることができますし、体重が10キロ程度になる小型犬種の場合には、生後15ヶ月ぐらいから成犬と同じ食事量にすることができます。また、子犬の場合には硬いフードだと歯が強くなくて食べられないことがあるので、お湯をかけてふやかしてあげるなど工夫するのもおすすめです。

 

カナガンドッグフードの公式サイトはこちら



カナガンドッグフード 子犬に与えるならいつから?

ペットフードの中には、子犬やシニア犬には適していない成犬むけのフードブランドがありますが、カナガンドッグフードは子犬からシニア犬まで幅広いすべてのライフステージに対応しているという特徴があります。ワンちゃんによっては、フードの味が変わっても食いつきが良い子もいますが、食事の味やにおいが変わってしまうと食べなくなってしまう子もいますよね。そのため、年齢によってペットフードを変える事に関しては、賛否両論なのです。年齢別に対応しなければいけないペットフードブランドだと、どうしてもその子の食いつきや希望に関係なく食事の味が途中で変わってしまう事になりますから、愛犬家としては心配ではないでしょうか。

 

カナガンドッグフードは、子犬の頃から食べさせることができるペットフードブランドです。パッケージに子犬に与える際の目安量が記載されていますが、生後2か月〜与えることができます。目安量を守っていれば、子犬の成長に必要な栄養成分はすべてカナガンドッグフードだけで摂ることができますから、安心して成長を見守ることが出来そうですね。

 

子犬にカナガンドッグフードのドライを与える際には、いくつか注意点があります。まず、上手に噛めない子犬にドライフードを与える際には、カリカリのドライだと噛めない恐れがあるので、お湯を少し混ぜて柔らかくしてあげたり、ウェットタイプのフードと混ぜて柔らかくするなど、工夫することをおすすめします。カナガンドッグフードは粒が小さいので、子犬でも比較的食べやすいという特徴がありますが、それでもワンちゃんの健康を考えるのなら、歯がシッカリ生えるまでは柔らかめのフードが良いでしょう。

 

カナガンドッグフードではウェットタイプのフードもラインナップされています。こちらもチキンが原料になっている栄養価が高いフードなので、ドライフードを柔らかくする手間が面倒だなという人は、子犬のうちにはウェットタイプのフードを与えるという選択肢も良いかもしれませんね。

 

カナガンドッグフードのさらなる詳細はこちら