ワンちゃんにとってアレルギーの原因となりやすい穀物は一切使っていないカナガンは、イギリス誕生のドッグフードとして人気があります。ワンちゃんは基本的に肉食なので、ドッグフードの中にはお肉がたっぷり入った商品が多いのですが、カナガンでは原料にはチキンを使用しています。カナガンに使われているチキンは、イギリス産のものを使用し、骨を抜いた生肉のみが使われているのが特徴です。安価なドッグフードの中には、骨なども粉砕してドッグフードの中に配合されているものや、死んだ鶏の肉が使われているものなどもありますが、カナガンに使われている鶏は、平飼いされた鶏のみを使用していて、ストレスを感じることなく育ったものが使われているので、味や栄養も抜群です。

 

この鳥の生肉を乾燥させたものがカナガンの原料になっていますが、それだけではありません。鶏の脂身は口当たりがとても良く、毛並みをツヤツヤにしたり健康的な皮膚の保湿作用が期待できる成分のため、鶏脂も含まれていますし、内臓を加水分解して作られたグレイビーはナチュラルな香料として使われています。さらに、鶏が生んだ卵には高品質のたんぱく質やミネラル、ビタミンがたっぷり含まれているので、カナガンには卵も入っているのが特徴です。鶏を原料にしてたくさんの成分が配合されていますが、すべてワンちゃんの健康を考えて最高品質者のが厳選されていることは、愛犬家にとっては大きな安心感ではないでしょうか。

 

ちなみに、カナガンに使われている原料は、すべて人間が食べても問題ない品質のものしか使われていません。また、製造過程においては添加物などは一切使われていないので、体が小さなワンちゃんや老犬、病気を持っているワンちゃんでも安心して長期間続けられる点も、カナガンが高く評価されている人気の理由と言えるでしょう。鶏肉以外に使われている原料には、ほうれん草やリンゴ、海藻などがあり、全てワンちゃんにとってプラスの作用が期待できるものが厳選されている点も、カナガンの特徴と言えます。

 

カナガンドッグフードの公式サイトはこちら



カナガンドッグフード チキンの効果

カナガンドッグフードは、主原料はちきんとなっています。ペットフードの中には、コストを低くしたり満腹感を出したり、またフードのカサを増やすために炭水化物が使われているブランドがたくさんありますが、カナガンドッグフードには炭水化物は一切入っていません。その理由は、ワンちゃんの健康管理に炭水化物は必要ないからなのです。犬はもともと肉食動物で、人間と生活するよりも昔は動物性たんぱく質を中心にした食生活をしていました。そのため、炭水化物を消化する酵素を持ち合わせておらず、フードに炭水化物が含まれていると消化できずに腸内にいつまでも残ってしまう事になるのです。腸内にフードが消化されないまま残ってしまうと、体調不良や便秘、肥満などの原因になってしまうので、県子にとってよくはありません。そのため、カナガンドッグフードには、そうしたワンちゃんの健康にマイナスの影響を与える炭水化物は一切含まずに、健康管理に必要なたんぱく質が中心となっているのです。

 

カナガンドッグフードに使われているチキンは、イギリス国内で平飼いされた鶏の生肉が中心となっています。脂質を摂取するためにチキンのグレービーなどが使われていますが、そうした原料はすべて、ストレスを感じることなく飼育された鶏のものなので、安心なのです。ペットフードに使われている原料の中には、人間が食べると健康被害のリスクがあるような低品質の原料がありますが、カナガンドッグフードの場合には、チキンに限らずすべての原料は人間が食べても安全なヒューマングレードのものが使用されているという特徴があります。

 

そうした特徴を持つ原料を、衛生管理や品質管理に厳しいイギリス国内の工場で製造されているのですから、安心ですよね。イギリス国内ではスーパーなどでも市販されているフードブランドですが、日本においては公式サイトから出なければ購入することができません。しかし、品質管理や価格管理という点では、公式サイトが一括管理をしていたほうが私達愛犬家にとってはプラスになることが多く、定期コースを利用すれば最安値で購入することもできます。

 

カナガンドッグフードのさらなる詳細はこちら