カナガンのドッグフードは、すべてのライフステージに適したドッグフードです。生まれたばかりの子犬のうちからカナガンを与えれば、健康で丈夫なワンちゃんに成長してくれますし、成犬になってからもカナガンを続けることによって、アレルギーを起こしにくい丈夫なワンちゃんでいられます。また、老犬になってからでもカナガンなら確実にバランスの取れた栄養補給ができるので安心です。

 

カナガンのドッグフードをどのぐらい食べさせればよいかという点ですが、これはワンちゃんの体重や月齢に応じて異なります。ワンちゃんの場合、子犬の時期は生後1年半程度と言われているので、この時期にはワンちゃんの月齢および体重に合わせてカナガンを与えるようにしましょう。袋に大体の目安量がかかれているので、それを守っていればワンちゃんの食べすぎや栄養不足というトラブルになる心配がないので安心でs。例えば、生後2か月〜3か月の子犬の場合、体重が1キロから5キロ程度なら1日当たりの食事の量は65グラム程度、5キロから10キロになれば145グラム程度、10キロから25キロの大き目サイズなら215グラム、そしてそれ以上は1日当たり385グラムを食べるようにします。

 

子犬なのにそんなに食べて大丈夫?と心配する愛犬家は多いのですが、ワンちゃんの成長期には成犬以上に栄養成分が必要ですし、人間と同じように成長期には新陳代謝が活発なので、食べたからと言って肥満になるリスクはそれほど高くないので大丈夫です。ちなみに、体重が25キロ以上のワンちゃんの場合、生後2か月ぐらいからは1日385グラムのカナガンを食べるのが目安となりますが、その後生後12か月ぐらいまでは少しずつ量を増やしながら1日当たり425グラムまで増やしていきます。その後はワンちゃんの成長が落ち着くので、食事の量を少しずつ減らしながら生後18か月になる頃には1日当たり385グラムまで戻してあげると良いでしょう。こうした目安量は、カナガンの袋に記載されているので、暗記する必要などは一切ありません。安心してくださいね。

 

カナガンドッグフードのさらなる詳細はこちら



カナガンドッグフード 量の目安

カナガンドッグフードは、子犬からシニア犬まで年齢に関係なくすべてのライフステージに適用できるドッグフードです。どのぐらいの量が目安になるかというと、ワンちゃんの体の大きさや年齢などによって異なりますし、同じ犬種で同じ年齢でも、ライフスタイルによって食べる量を調整することが必要です。

 

大体の目安量は、カナガンドッグフードのパッケージに記載してあるので、それを参考にしながら大まかな量を決め、そのうえで外で良く走り回る子なら少し多めにするとか、食が細い子なら少なめにするとか、微調整すると良いでしょう。具体的には、政権の場合には、体重が3キロの子は1日当たり35グラム〜80グラムが目安となります。体重が10キロの子になると、1日当たり90グラム〜190グラム程度が目安となりますが、目安の給餌量には大きな幅があるので、ライフスタイルや体型などによって微調整することが必要でしょう。

 

ただし、太りすぎだからと食事の量を極端に減らしたり、痩せているからもっとたべなければいけないと食事の量を極端に増やし過ぎるのはNGです。ワンちゃんの栄養成分は、ペットフードからのみ摂取しているので、食事の量を無理に減らしてしまうと栄養失調になってしまいますし、量を増やし過ぎると栄養過多で肥満の原因となります。体型によって食事量を微調整する際には、目安量の10%程度の範囲で調整するのがおすすめです。

 

また、カナガンドッグフードはドライタイプとウェットタイプとがあります。食欲がない時や病気の時などには、水分が不足しやすいのでウェットタイプを活用するのが良いでしょう。ウェットタイプは消化吸収がとても良いので、食いつきが良くて元気な子だと、すぐにお腹が空いてしまうというデメリットがあります。しかし、消化の良いものを与えたいオーナーさんなら、あえてウェットタイプを選んだり、ウェットタイプのフードに家庭で作ったオリジナルの食事をコラボさせて与えるという方法もアリですね。

 

カナガンドッグフードのさらなる詳細はこちら