カナガンのキャットフードには、ドライタイプとウェットタイプとがあります。どちらもそれぞれメリットとデメリットがありますが、ウェットタイプは食事の中に水分が含まれているので、あまり食欲がない猫ちゃんでも脱水症状を起こすリスクがありませんし、噛まなくても食べられるようにスープ状になっているので歯が弱い猫ちゃんにとっても食べやすく工夫がされているのが特徴です。

 

カナガンのウェットタイプのキャットフードは、缶詰に入っています。しかも、1缶当たり75グラムと小さめになっていて、使い切りタイプとして活用できるのが特徴です。大きな缶に入っていると、余ってしまった分の保管などが面倒ですが、使い切りタイプならそうした心配がないので便利ですね。

 

缶詰のキャットフードは、チキンとサーモンのうまみをギュッと凝縮したスープになっています。ドライフードの場合にはイギリス産のチキンが主原料となっていますが、ウェットタイプだとチキン以外にサーモンのうまみも入っているので、猫ちゃんにとっては少し違う味も楽しむことができます。

 

人工的な添加物は一切入っていないという点や、グレインフリーでアレルギーのリスクが少ないという点、そして人間が食べても安全な食材のみを使っているという点はドライフードと変わることがありません。また、ウェットフードだけで栄養補給をしてももちろんOKですが、カナガンのドライフードと絡めて柔らかくしてあげるのも楽しい食事方法として活用できるのではないでしょうか。

 

子猫から老描まで、すべてのライフステージで安心して食べることができるキャットフードですし、栄養満点で体にマイナスの影響を及ぼす成分は使われていないので、長期間続けても健康被害などの心配はありません。そうした安心感は体が小さな猫ちゃんにとってはとても重要なポイントですね。

 

ちなみに、カナガンの缶詰は、12缶入って価格は5400円となっています。定期コースを利用すれば利用金額に応じて10%〜20%のディスカウントが適用されるので、お得に続けることも可能です。

 

カナガンキャットフードの公式サイトはこちら



カナガンキャットフード 缶詰の食べ方

カナガンキャットフードには、ドライタイプとウェットタイプとがあります。缶詰となっているのはウェットタイプの方ですが、1回ごとに使いきれる75グラム入りとなっているので、外出先で猫ちゃんに給餌しなければいけない時などにはとても便利ですし、長期間保存する心配がない点も嬉しいですね。ウェットタイプの缶詰というと、中にごろごろしたフードが入っているという形状をイメージする人が多いのですが、カナガンキャットフードの場合にはトロミのついたスープという形状となっているのが特徴です。そのため、缶詰だけで食事にしようとすると、まるでスープを飲んでいるような感じになってしまい、猫ちゃんにとっては満腹中枢を満たすことができないかもしれません。そこでおすすめの食べ方ですが、カナガンキャットフードのドライフードに缶詰めを少し混ぜて、ふやかすような感じで与えるという食べ方です。この方法は多くの愛猫家が実践している方法なのですが、スープにとろみがあるので、ドライフードと混ぜるとしっかり絡んで美味しいキャットフードに変身してくれます。カナガンキャットフードの場合、ドライだけで与えても猫ちゃんの食いつきは100%なので食べてくれないということは非常にまれですが、スープと混ぜることによって美味しさが倍増して普段よりもパクパク食べてくれるようになります。

 

缶詰タイプの給餌目安量ですが、1日当たり2〜3缶ぐらいが目安となります。主原料にはチキンとサーモンが使われている他、トロミ成分となるタピオカや脂質原料となるサンフラワーオイルなどが使われていているので、消化機能が低下していてドライフードだと負担がかかりすぎてしまうこの場合には缶詰だけという食事スタイルでも問題はありません。しかし、猫ちゃんの満腹中枢を刺激してハッピーにするためには、やはりドライフードと混ぜてあげるのがおすすめですね。ちなみに、缶詰は冷蔵庫に入れておけば開封後5日ぐらいは長持ちしますよ。

 

カナガンキャットフード公式サイトはこちら