ペットフード選び方ガイドについて

各社ドッグフード、キャットフードの特徴や効果、価格や量に、評判/口コミの紹介等など詳しく解説したペットフード専門情報サイトです。ペットフードを選ぶ前の参考にぜひご覧になってみてくださいね!

 

ペットフード 成分での選び方

大切な家族の一員であるペットたちが毎日の食事で食べているペットフードは、どんな基準で選んでいますか?選び方はいろいろあるでしょう。パッケージの可愛さとか、犬種別のものを利用しているからとか、買いやすさや価格など、その家庭ごとに選び方は異なりますが、毎日のペットの健康管理をしっかりしたい場合には、配合されている成分で選ぶという方法もおすすめです。

 

犬や猫などのペットは、基本的に人間と必要とする栄養成分は異なります。人間の場合、エネルギーを摂取するために炭水化物は必要なのですが、ペットはもともと肉食動物ですから、炭水化物は生きるために必要ではないのです。その代わりに、動物性たんぱく質を多く必要としています。市販されているペットフードの中には、満腹感やカサを出すために炭水化物を配合しているブランドはたくさんありますが、厳密にいうのならペットにとってはプラスにはなりません。成分だけでフードを選ぶのなら、動物性たんぱく質が豊富に含まれていて、炭水化物の成分は一切入っていないようなものを選んだほうが、ペットの健康管理という点ではプラスとなります。

 

ただし、炭水化物が入っていないタイプは、プレミアムブランド系のペットフードが多いですし、価格も少し高めとなっています。この点は、グレインフリータイプのフードのデメリットと言えるでしょう。穀物抜きのフードをあたえたいけれど、費用的にきついという場合には、複数のペットフードをブレンドして、食事当たりの炭水化物摂取量を低く抑えるというだけでも、大きな効果は期待できるのではないでしょうか。

 

また、ペットフードには、何を主原料としているかによって味やにおいが変わります。チキンを主原料にしているのか、ラムやビーフを主原料にしているのか、またサーモンなのかによって、ペットの好みは変わりますから、食いつきにも影響するでしょう。いろいろなフードを試してみて、ペットと最も相性が良いブランドを選ぶという方法も良いかもしれませんね。

 

スペシャル企画 : ナチュラルドッグフードとカナガンを比較!!

イギリス産のドッグフードとして大人気のブランドと言えば、カナガンとナチュラルドッグフードですが、どちらもイギリス産で最高の品質という点は共通しているものの、使われている原料などの点でたくさんの違いがあります。まず主原料に使われている肉の素材ですが、カナガンはイギリス国内で飼育された鶏の生肉に加えて、鶏の脂、内臓から作られたグレービーなども入っているのに対し、ナチュラルドッグフードは鶏肉ではなくラム肉が使われています。ナチュラルドッグフードのラム肉も、カナガン同様にイギリス国内で飼育された子羊が使われていて、肉の品質という点ではどちらも安心できるブランドです。

 

穀物が入っているかどうかという点も異なります。カナガンはグレインフリーとなっていて、穀物は一切入っていません。しかしナチュラルドッグフードの方には玄米やオーツなどの穀物が入っていて、完全なグレインフリーというわけではありません。もちろん、穀物にもいろいろな種類があり、種類によってはアレルギーを起こしやすいものや起こしにくいものがあるわけですが、ナチュラルドッグフードに使われている大麦や玄米、オーツ麦などはアレルギーを起こしにくいタイプの穀物なので、ナチュラルドッグフードでは使われているということになります。徹底的にグレインフリーにこだわりたい人ならカナガンを、アレルギーを起こさなければ少し入っていてもOKという人ならナチュラルドッグフードが良いですね。

 

カナガンもナチュラルドッグフードも、ワンちゃんの全てのライフステージに対応しているので、子犬からシニアまでずっと続けることができます。また、どちらも消化吸収が良い原料が使われているので安心ですし、品質管理は原料の栽培や飼育の時から徹底して行われていて、人間が食べても問題ない品質のものしか使われていません。また添加物などは一切入っていないので、体が小さなワンちゃんが長期間食べても健康トラブルの心配がありません。

 

ナチュラルドッグフードとカナガンの比較と違い

ナチュラルドッグフードとカナガンは、どちらもプレミアムドッグフードとしてたくさんの人に人気があるブランドです。どちらもワンちゃんの健康や栄養管理のことを考えて作られているのですが、いくつか大きな違いがあるので検証してみましょう。

 

まず、ナチュラルドッグフードとカナガンとで異なる1つ目に違いは、使われている主原料です。カナガンはドッグフードの主原料としては人気が高い鶏肉メインになっているのに対し、ナチュラルドッグフードではアレルギーを起こしにくいラム肉がメインとなっている点が異なります。主原料の配合率ですが、カナガンは鶏肉が51%配合されているのに対してナチュラルドッグフードは55%の配合率となっていて、どちらも動物性たんぱく質がたっぷり摂れる配合率となっています。

 

2つ目の違いは、間接サポート成分の配合率です。プレミアムドッグフードの多くは、ワンちゃんの関節をサポートするための成分が入っているものが多く、ナチュラルドッグフードもカナガンもどちらも入っています。しかしナチュラルドッグフードの場合には、魚に多く含まれているコンドロイチンやグルコサミンは入っておらず、野菜やハーブなどに含まれている成分で関節サポートをしているという特徴があります。カナガンの場合には、他のプレミアムフードブランドと比較しても間接サポート成分の配合量は高いのですが、ナチュラルドッグフードと比べても圧倒的にカナガンの方がこの点に関しては優秀ですね。

 

また、入っている成分も少し異なります。ドッグフードのパッケージには、動物性たんぱく質や脂肪、粗繊維など成分ごとにどのぐらいの割合で入っているのかが記載されているのですが、このうち脂肪の割合をチェックすることによって、そのフードがカロリー高めかどうかを知ることができます。カナガンの場合には脂肪が17%含まれているのに対してナチュラルドッグフードは12%と低くなっているのですが、これはナチュラルドッグフードの方が低カロリーのフードということになりますね。つまり、ナチュラルドッグフードの方がダイエットに向いている食事ということになるでしょう。

 

アランズ ナチュラルドッグフードの公式サイトはこちら


 

カナガンドッグフードの公式サイトはこちら


▼カナガンキャットフード

▼カナガンドッグフード

▼アランズ ナチュラルドッグフード

▼シンプリーキャットフード

Copyright (C) 2018 ペットフード選び方ガイド All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます